忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[17]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式受胎法と相反する話題です。

1.妊娠初期の中絶の場合、
胎児が小さいため、比較的簡単な手術で済みます。
母体への負担も少なくてすみます。胎児が大きくなるほど
母体に負担がかかるのです。

方法は、手術前に子宮の入り口を広げ、
無痛の全身麻酔をかけて、超音波で胎児を確認しながら子宮内から掻き出し、
吸引器などで残ったものを吸い取るというものです…。

手術後は2,3日安静にしていること、薬を飲む事が
必要とされます。入院しなくて大丈夫なことが多いです。

2.妊娠中期の場合、胎児が大きくなっているので分娩に近い方法となります。
母体の負担は通常の出産と近いです。

方法は、初期中絶よりも大きく子宮を広げ、
薬剤などの投与によって人工的、強制的に陣痛を誘発させて取り出します。
その後子宮内容物除去術を行います。
かかる時間は、出産と同様です。3日程度入院し1週間以上安静にする必要があります。

胎児が大きいため母体への負担が大きいです。
妊娠12週を超えると胎児の埋葬が必要になります。
手術は、妊娠21週まで対応できる病院が多いようです。


中絶手術は早すぎても遅すぎても出来ません。
適している時期は妊娠6~8週間です。

6週以前は子宮口が開きにくいので手術が難しいです。
また子宮も小さい状態なので内容物の残存確認が難しいのです。

9週目以降になると、胎児が大きくなっていくため、
母体に負担がかかり、また手術自体も難しくなります。
自然の摂理に反する行為ですから難しいのは当然なのです…。

荻野博士が仰っていたように、子供を授かる意味を考えたいです。
全ての人にこのような事が起こりませんように。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]