忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 オギノ式は一般的に避妊法として知れ渡ってしまっていますが、
実質はオギノ式妊娠方法だということは分かりました。
その一環として、男女産み分け方法というものが巷であります。


私は、産み分け方法なんてあるわけがない、
神様が授けてくれた方をありがたく頂けば良いんだ
と思っていましたが、この理論からすると、
もし男女の希望があるなら実践しても良さそうです^^。


まず、精子の性質を図にしておきます。
  精子の大きさ 精子の数 動き 酸性に対して 寿命
X(女) 大きい  1として 遅い 強い 長い(2~3日)
Y(男) 小さい Xの2倍 速い 弱い 短い(1日)

精液はアルカリ性。膣の中は酸性です。
だから男性精子(Y)は膣内で早く死んでしまう訳ですね。


この性質を利用して産み分ける方法があります。
男の子が欲しい場合(XY) 理由
パパ酸性(肉、魚)の食事、
ママアルカリ性の食事多めに。
Y精子が酸性に強くなるように。
排卵日にHを。 Y精子が死なないように。
時間をかけてHする。 膣分泌液はアルカリ性。Y精子が生きやすくなる。
女性が先にイク。              同上。
Hの時深く挿入する。 精子の泳ぐ距離を短くしてあげる。
Hの前にグリーンゼリーを使う。 膣内をアルカリ性優位にする。

女の子が欲しい場合(XX) 理由
ママもお肉を多めに食べる。 X精子が生き延びるよう、母体も酸性優位にしておく。
排卵日の2,3日前にHを。 2,3日あったらY精子は死ぬから。
時間をかけないでHする。 膣分泌液はアルカリ性。アルカリ量を少なくするという事。
Hの時浅く挿入する。 精子の泳ぐ距離を長くして、Y精子を卵子に到達させない。
Hの前にピンクゼリーを使う。 膣内を酸性優位にする。

Hの時、浅く挿入するとか、深く挿入するというのは可能なんでしょうか?
子作りに徹しているという感じがしますが…。
私は、愛のある気持ち良い感じるHをした結果、子供が欲しいと思いますが
産み分けなければならないとなると、そうも言っていられないようです。
確率50%に任せておけないという事ですね。


グリーンゼリー、ピンクゼリーは1万円前後です。
使用法は次の通りです。
性交(挿入)の5分くらい前に腟内にゼリー注入します。
ゼリーは常温で固まっているので、お湯につけて溶かしておきます。
お風呂くらいの温度なら5分で溶けます。熱湯には入れません。
十分に溶けたら、注射器で吸い3~4ccを腟の奥に注入します。
奥様が出来ないときはご主人が入れます。ゼリーは常温で保存し、4回分くらいは使用できます。
注射器は毎回洗って使います。
まさに、共同作業です。


オギノ式にせよ、産み分けにせよ、オギノ式等の知識は実践しなくても
知識だけでも興味深いですよね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]