忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式理論を使って見事妊娠、出産に至った場合、
(オギノ式は使わなくても良いのですが)
臍帯血を保存しようかどうしようか考えることがあると思います。
臍帯血とは、臍の緒から取れる血のことです。
出産時にしか取ることが出来ません。
臍の緒から採血するので痛みはありません。


血液中の造血管細胞は、白血病、悪性リンパ種などの血液疾患の移植に
役に立つのです。将来病気になった時、ドナーからの提供の血液を使わせて
もらえる機会がめぐってきたとしても、自分に合う確率は数万分の一と言います。
もはや天文学的数字です。
一方、自分が保存しておいた臍帯血は100%合致します。
兄弟には四分の一の確率で適合します。



出産しようとしている病院に臍帯血会社と提携しているか
聞くと良いです。あまり積極的でない病院もあります。
臍帯血会社は営利企業です。ある臍帯血会社は初期費用15万円、
10年後に更新料が発生します。高い費用がかかります。


大学病院、一般病院が提携している臍帯血バンクは、
将来自分のために使用する目的で採取するのではなく、
その時必要な人のために使用することが多いです。いわゆる寄付です。
将来、自分や家族のために残しておきたいのであれば
民間の臍帯血会社を使うことになることが多いです。


高い費用を投じて将来の自分、家族のために備えるか、
適合する確率が低いながらもその時に必要な人に使ってもらうか、
選ぶということです。
因みに、昔は保存しておく考え方、技術がなかったから臍帯血は
捨ててしまっていたということです。
何とももったいなかったですね。
今回はオギノ式理論を使った後のお話でした。

PR
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]