忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[18]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式理論ばかりなので、今回は実技をいうことで
男性不妊検査キットの実験をしてみました。
私自身、男性不妊でないか確認してみることとしました。


このキットを使う前に、3~5日禁欲生活が必要です。
私は2日の禁欲生活を経て今回の実験に臨みました。
3日も要らないのではないかと思いました。
09031001.jpg








さて、まずは1回の射精時の精液(以下検体と呼びます)の総量
と検体の液化有無を測ります。


09031011.jpg




これはスポイトです。



検体を使い捨てカップに入れた後、常温で20分ほど放置します。
そうすると、ジェル状の検体が液体化します。そしたら、
カップを斜めにして、スポイトで吸い取り総量を調べます。
2~6mlであれば正常です。


私の場合、全部カップに入れることができませんでした。
カップに入った分だけを調べると4mlくらいだったので
多分6ml弱だっただろうと推察できます。


そして、スポイトに1ml検体を取り、
希釈液に入れた後、よく振って混ぜます。
そしてまた平面スライドに少量取り、
カバーガラスをかけ顕微鏡で覗きます。
このセットがなかなか難しいです。
慣れないと検体がカバーガラスからはみ出ます。



09031006.JPG








顕微鏡です。この穴から覗くのです。



16個小さなマスがあるのですが、
その中に精子の数が8個である場合、
精液1mlに2000万匹の精子がいるとみなします。


私は20匹くらいいました。
死んでいる子もいましたが、
多くの子はぴちぴちと尻尾を振り、
元気に活発に泳いでいました。
意気が良かったので私は安心すると同時に
生命の神秘を感じました。


以前本で奇形の精子が最近多いと書いてありました。
尻尾が短い、頭が欠けているなど…。



私は心配しましたが、そのような子はいませんでした。
個数も多かったでしたし、皆活動的でした。
あんな強く尻尾を振って泳ぐ生き物だとは…
私は知りませんでした。


卵子に到達した1匹は私の中で最強の子でしょう。
あれだけたくさん強い競争相手がいる中で勝ち残ってくれた
1匹の子は強運で体が強い子だと思います。
この世に生まれて来てもやっていけるんじゃないかと思いました。
初めて自分の子(精子)を見て、私は感動しました。


未来の私のお嫁さん、安心してください。
想像以上の強い子ができますからね。


後日、また実験したいと思っています。
不妊確認どころか、感動して終わった実験でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
このキッド
このキッドはどこで売られてますか?あと、キッド名を知りたいです。
松本 周二 2010/04/30(Fri)12:51:58 編集
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]