忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式 不妊は男性側の原因も考えるべきです。
最近男性の精子の量が減っているという話があちこちで出ています。


ロンドン大学の研究チームが
「知能テストで好成績を出した人ほど精子の数が多く、
活動も活発である」という分析をしたそうです。
知能と繁殖能力は別物だと思いますが、
優れている人、動物というものは繁殖能力が高いのでしょう。
動物は本来、強いものだけが生き残るものですから。


妊娠するには強い精子が必要となりますが、
精子の数が多いと卵子に達するまでより競争が激化します。
そして強い精子というのは、活発に行動します。
沢山の競争相手に勝って、卵子に辿りついた
たった一匹の精子は最強の精子ということになります。
強い精子+オギノ式理論 = 妊娠力UPです。


生命力の強い精子が卵子に達することができれば、
オギノ式理論実践と合わせ、妊娠の可能性が高まるわけです。


その強い精子を作るにはいくつか方法があると言われています。
入浴時、冷水と温水交互にタマにかけるという方法。
人間が修行で滝に打たれるのと似ています。


締め付けるパンツは止める。
タマが蒸れますし、ブラブラしているのが常なのに
固定したら、精子の行動力が鈍ります。
トランクスが良いです。


男性らしい行動をする。
すなわち、例えば、筋力トレーニングをする(テストステロンが刺激される)。
マスター○ーションをする(機能を衰えさせない、常に新しい精子を生産させる)。
これらが大切になります。


20歳の頃を思い出してください。毎日していましたよね。


私は大学時代にプールの監視をしていたのですが、
水着のお姉さんを毎日見ていました。
そのお姉さんの胸が大きかったりすると
あの小さなブーメランパンツの中がそれはもう大変なことになっていました。


大きくならないよう、私はバイトが終わって帰宅してから
7月~9月中、毎日マスター○ーションをしていました。
18:30 バイトから帰宅
18:45 1回目
19:00 夕食
20:00 2回目
21:00 入浴
22:30 3回目。
終了次第、就寝。次の日に備える。


という生活を毎日していました。毎日です。


このような事実があるので、私(35歳)は仕事があるので
今でも毎日しています。しない日がありますが、
そういうときは次の日に2回するので
結局週7回計算になります。


このように、体力・生殖能力を落とさない試みが男性に必要なのです。
強い精子を作れる体にしておけば、男性不妊の問題は
大きく減るのです。
不妊を女性にばかり原因があると思うのではなく
男性側にも原因はないか着目したいものです。
PR
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]