忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式理論を使って見事妊娠、出産に至った場合、
(オギノ式は使わなくても良いのですが)
臍帯血を保存しようかどうしようか考えることがあると思います。
臍帯血とは、臍の緒から取れる血のことです。
出産時にしか取ることが出来ません。
臍の緒から採血するので痛みはありません。


血液中の造血管細胞は、白血病、悪性リンパ種などの血液疾患の移植に
役に立つのです。将来病気になった時、ドナーからの提供の血液を使わせて
もらえる機会がめぐってきたとしても、自分に合う確率は数万分の一と言います。
もはや天文学的数字です。
一方、自分が保存しておいた臍帯血は100%合致します。
兄弟には四分の一の確率で適合します。



出産しようとしている病院に臍帯血会社と提携しているか
聞くと良いです。あまり積極的でない病院もあります。
臍帯血会社は営利企業です。ある臍帯血会社は初期費用15万円、
10年後に更新料が発生します。高い費用がかかります。


大学病院、一般病院が提携している臍帯血バンクは、
将来自分のために使用する目的で採取するのではなく、
その時必要な人のために使用することが多いです。いわゆる寄付です。
将来、自分や家族のために残しておきたいのであれば
民間の臍帯血会社を使うことになることが多いです。


高い費用を投じて将来の自分、家族のために備えるか、
適合する確率が低いながらもその時に必要な人に使ってもらうか、
選ぶということです。
因みに、昔は保存しておく考え方、技術がなかったから臍帯血は
捨ててしまっていたということです。
何とももったいなかったですね。
今回はオギノ式理論を使った後のお話でした。

PR
妊娠しやすくするにはオギノ式理論を考慮しますが
男性不妊にも注意が必要です。
精子の数が足りない、精子の生きが悪いという事であればお医者さんに
行くしかありませんが、
ストレス性の勃起障害であればマカを摂取すると良いです。

最近、マカはカレーのトッピングメニューにありますね。
私もマカを食べたその日の夜はスゴいです!
私は特に性行為に問題はないのですが
たまに食事にマカを振りかけたりすると性欲と量がスゴくなります。
マカの効能は本当だと思います。


古代インカ帝国の頃から食べられていたマカですから
その効能は本当でしょう。嘘であればすたれます。
マカが収穫した後、その畑は数年不毛になるといいます。
マカが土地の栄養を根こそぎ吸い取るんでしょうね。何ともたくましい生命力ですね。

マカに入っているデキストリンは、陰茎の血流を盛んにします。
血が集まって勃起が起こりますからデキストリンは勃起に有効です。


マカには亜鉛も多く入っています。亜鉛は性能力をUPさせると言います。
牡蠣、牛肉、レバーに多く入っている成分で、ビタミンCと一緒に
摂取すると亜鉛の吸収が良くなります。
一方、亜鉛は1日100mg以上取ると逆に体の免疫力が下がると言われています。


射精で栄養が出て行きますから、必要な栄養素は取るようにしたいです。
偏りなく食べて、マカを振りかけたりすると良いと思います。
私もマカをたまに食事にふりかけます。亜鉛などをしっかり吸収して
オギノ式で計算した妊娠しやすい日に放出したら妊娠する確率は格段にアップしますね!
不妊の原因を考える場合、オギノ式理論で排卵時期などを推定し、
受精しやすい時に性行為をするのはもちろん必要なのですが、
男性側にも原因があるようですよ。

不妊の場合、男性の精子の数やどれほどイキが良いか
チェックする必要あります。
男性不妊を検査する興味深いクリニックを見つけました。
つじクリニックです。
精液検査は、院内で行われます。体調によって変動が出るので
少なくとも2回は行う必要があるとの事です。
検査の方法は、2,3日禁欲してから自分で採取室にて採取します。採取後1時間ほどで結果が出るようです。

検査項目は、肉眼で見てどうか、精液量はどうか、
精子の直進運動距離とスピード、精子の数、正常形かどうか、
生きている精子死んでいる精子の比率、白血球数(膿んでないか)です。
何の問題もなく妊娠する男性は検査に来ないため
日本人男性の基準値(平均値)は分かっていないそうです(なるほどですね)。
精子の運動率が悪いことを無力症と言います。うつ病等心の病気が蔓延する現代に似つかわしい表現ですね。
戦時中の人より現代人の方が無力症の精子が多いのでしょうね。
食の安全も今脅かされています。我々が生まれた時から添加物を
食べ続けていますから(動物の進化のように、抗体ができていれば良いのですが)奇形精子も多いかもしれません。

費用は、精液検査だけですと10500円です。
自由診療なので保険の適用はありません・・・。
精液検査結果に問題があって実際に治療する場合、追加費用が必要になりますから、受ける場合はカウンセリングを受けてからの方が良いですね。
オギノ式理論を調べていたら発見したクリニック、実に興味深いです。
オギノ式をうまく活用すると共にオギノ式理論以外にも目を向けることが
大切です。
 月経周期、排卵時に体温が上がるという性質を利用した方法です。
女性の妊娠データを集め分析した荻野久作博士の学説をもとにしています。
一般的に、排卵が行われる日を、過去の体温測定のデータから予測し
排卵3日前から排卵2日後は受胎しやすいと認識されています。
この間の性行為は避けるというのがオギノ式と巷間広まっていますが
あくまで、赤ちゃんが欲しい人がこの期間に性行為を行って
より受胎率を上げようというのが本来の目的です。


このことから、避妊法として認識されているのが誤りなのです。
月経周期というものは、今までは定期的であったとしても
体調やストレスなどで崩れますから、基礎体温の結果をあてにすることは避けるべきです。

そもそも性欲のために、できる限りの最善の方法を取らないで
「今日は大丈夫な日だから…」などと行為に及んでしまうのは
男女共にあまりに安易な行動だと思います。避妊に失敗した場合
実際につらい目に合うのは女性です。最後にジョーカーを持たされるのは
女性だということを常に覚えておくべきです。
女性はそれを簡単に理解できるはずです。

一方、荻野博士は男性に子を産むことの意味を考えてほしいと言っています。
学説を引用された荻野博士本人が避妊法ではないと言っているのですから
これを避妊法として認識することは間違っていることが理解できると思います。

基礎体温を計測して月経周期が分かったら
体調管理する材料の一つに留めておくのが良いと言えるでしょう。
オギノ式理論をおそらく使ったと思われますが、
5年ほど前、私の従兄弟は、女の子が欲しい!と意気込んでいて見事女の子を授かりました。

その当時私はオギノ式も、男女産み分けについてもよく知りませんでした。具体的にどう産み分けしたのかは教えてくれませんが
おそらくはHをする時期、射精のタイミングを調整したという意味だと思います。

食べ物の調整は長期に及ぶことですし、
確率的に二分の一なわけですから
あの適当な性格の従兄弟がそこまで意気込んだとも思えないのです(笑)。
さらに、生まれてしまえばどっちでも可愛いと思うものでしょう。


ですが、望まない性の子が出来てしまった人の話を記事で読みました。
堕ろそうと考えたことがある人がかなりいることを知って私は驚きました。
天皇家じゃあるまいて、そこまで欲しい性があるのか、と思いました。

できることなら、男(女)の子が欲しいけど
自分の子なら男女どちらでも良いと答える人が大半と思っていただけに
衝撃的でした。
人の事情とは色々あるものですね。

私が一番気になっているのは、
男の子が欲しい場合、精子をあまり泳がせなくて済むように
奥で射精するということです(参照オギノ式産み分け)。
奥で射精する、浅く射精すると調整できるのでしょうか。
結局パンパン突く訳ですから奥で射精していると思うのですが(笑)。


精子全員をたくさん泳がせた上で受精するのが一番良いかなと私は思っています。
なぜなら、その上で辿り着いた精子が生命力が一番強い子だと思うからです。
外の世界は、楽しい事、大変な事が沢山待っています。それに耐えられるような子が良いと思うからです。
日本の教育はオギノ式など性教育をはじめ、
心の問題について上手に説くことが苦手です。
心の問題、体の問題をタブー視し、暗黙の了解で感じ取っていくという
文化の弊害に他ならないと言えるでしょう。

昨今、正しい性教育指導を!という事で、
どこの県か失念しましたが、とある県の教育委員会が性教育として
児童を前にコンドームの着用方法を教えたというニュースを
私は半年ほど前に見ました。

この貧困な発想力は何とも悲しいと私は思いました。
子供の反応を見て大人たちが楽しむために
大人たちが面白おかしくしているとしか思えませんでした。
このような教育委員会では子供達に正しい性教育をできるはずもありません。
オギノ式という言葉を避妊法として子供達に認知させて来てしまった
日本の性教育のレベルの低さにうなずけます。
オギノ式という言葉を正しく理解している人は少ないです。


私が、初めて性教育を教わったのは小学校5年生の時。
男女が分けられて、男子全員が体育館に集合しました。
この時はオギノ式は出てきませんでした。
好きな子が夢に出て来る、そして朝目が覚めると
白い液体がパンツについていることに気づく。
みんなこれから経験すると思いますが、驚かなくていい、
これは大人になった第一歩です、というような説明を受けました。
みんな「ふーん」と言ってキョトンとしていました。


このくらいの知識を与えるくらいで良いのです。
女子は女子で、女性の先生から何やら教育を受けてきたようでした。


今の先生方は、時代がそうさせていることもありますが、一体感がなく
先生達が浮き足立っています。自分達が受けて良かったと思えることを
伝えていけば良いと思います。
オギノ式受胎法と相反する話題です。

1.妊娠初期の中絶の場合、
胎児が小さいため、比較的簡単な手術で済みます。
母体への負担も少なくてすみます。胎児が大きくなるほど
母体に負担がかかるのです。

方法は、手術前に子宮の入り口を広げ、
無痛の全身麻酔をかけて、超音波で胎児を確認しながら子宮内から掻き出し、
吸引器などで残ったものを吸い取るというものです…。

手術後は2,3日安静にしていること、薬を飲む事が
必要とされます。入院しなくて大丈夫なことが多いです。

2.妊娠中期の場合、胎児が大きくなっているので分娩に近い方法となります。
母体の負担は通常の出産と近いです。

方法は、初期中絶よりも大きく子宮を広げ、
薬剤などの投与によって人工的、強制的に陣痛を誘発させて取り出します。
その後子宮内容物除去術を行います。
かかる時間は、出産と同様です。3日程度入院し1週間以上安静にする必要があります。

胎児が大きいため母体への負担が大きいです。
妊娠12週を超えると胎児の埋葬が必要になります。
手術は、妊娠21週まで対応できる病院が多いようです。


中絶手術は早すぎても遅すぎても出来ません。
適している時期は妊娠6~8週間です。

6週以前は子宮口が開きにくいので手術が難しいです。
また子宮も小さい状態なので内容物の残存確認が難しいのです。

9週目以降になると、胎児が大きくなっていくため、
母体に負担がかかり、また手術自体も難しくなります。
自然の摂理に反する行為ですから難しいのは当然なのです…。

荻野博士が仰っていたように、子供を授かる意味を考えたいです。
全ての人にこのような事が起こりませんように。
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]