忍者ブログ
不妊ブログです。不妊解消し、妊娠率UPを目指して。オギノ式理論にも触れています。
| Admin | Res |
<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
オギノ式、不妊ブログ 
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オギノ式で危険日でない日を選んでコンドームで
避妊すれば、避妊は完璧という話を私かつてよく聞きました。
雑誌などに軽率に書いてあったことを若者が
何の疑いもなく受け売りしているだけだと思います。


しかし、前回の記事でも述べましたが
危険日でない日に道具を使った避妊をすれば完璧という考え方は違うと思います。
全く完璧でないと思います。
そもそも性行為の最中にコンドームが破けたら…
「今日は安全日だし大丈夫」と言えますか?
絶対に言えませんよね。


と、言う事は、複数の避妊法を組み合わせたからと言って
それが相乗効果を生むと言ったらそうではないという事です。
コンドームならコンドームで100%、
避妊剤なら避妊剤で100%避妊できなければ
避妊法とは言いがたいと思われます。


宝山の見張り番が2人いるとして
その2人が不真面目で、いつもどちらかがうたた寝しているようだったら…
見張り番にならないですよね。
片方だけが昼寝してしまった、というなら
いざ知らず、たまたま2人とも寝てしまったら
見張りの任務はまっとうできません。

それよりも見張り番の人数は一人で良いですから
その一人が完璧に任務をこなしてくれる方が
よっぽど安全ですし、使う方としても頼りになりますよね。
数が多ければ良いというものではないということです。


避妊もそれと同じなのです。突破されることがないように
しなければ、結局ピルに頼るしかなくなってしまうのです。
妊娠してしまって困るのは男性、女性両方です。
両者の正しい知識、協力で悲劇は避けたいものです。


PR
 オギノ式を理解するに当たって、女性の排卵について
おさらいしておきたいと思います。
分かりやすく言うと、4つの期間に分けられます。

1.卵胞期

月経が終わる頃、次の受精のための準備に入ります。
視床下部から性腺刺激ホルモンの放出を促すホルモン(GnRH)の分泌が
盛んになります。これに伴い、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンの分泌が増えます。
左右一方の卵巣で1個の卵胞が発育し成熟すると、
卵胞から卵胞ホルモンの分泌が増えて、子宮内膜は厚くなります。

2.排卵期
卵胞ホルモン量がピークに達すると、脳下垂体から黄体化ホルモンが大量に放出され
卵子が卵胞から腹腔へ出されます(排卵)。
蛇足ですが、加齢と共に、卵子の生産が抑えられてきます。
それを知らない脳下垂体は排卵させようとします。
これにより気分が悪くなったり体の調子が悪くなることがあります(更年期障害)。


3.黄体期
排卵を終えた卵胞は黄体に変化し、ここから黄体ホルモンが分泌されます。
この黄体ホルモンの作用により、子宮内膜から栄養を含んだ粘液が分泌され
受精卵が着床しやすくなります。

4.月経期
受精卵の着床が起こらず、排卵後約2週間を過ぎると
黄体は小さくなり白体となり消失します。
それと同時に卵胞ホルモン、黄体ホルモンが減少し、
厚くなっていた子宮内膜の表面がはがれ落ちて出血します。
これが月経(生理)です。
栄養、血を体外に出すから生理の時、
気分が悪くなったり体調に異変を起こすわけです。

女性の体って、とても神秘的だと思いませんか。
オギノ式避妊法を正しく理解していますか?

オギノ式とは、精子の生存期間を3日とし、
次回の月経前11~18日の8日間がもっとも妊娠しやすい時期と考える方式です。
オギノ式は、避妊法か妊娠法かと言われれば、妊娠法です。
もっと言えば、荻野「学説」です。
荻野博士(医師)は生理開始日と排卵日の関係を発見した人です。



月経には変動がありますから実際は9~20日の12日間を危険日と考えます。
 ただし、月経周期が不順な人、産後、授乳期にオギノ式という
考え方は 活用できません。

7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7 8/8 8/9 8/10 8/11 8/12 8/13 8/14 8/15 8/16 8/17 8/18 8/19 8/20 8/21 8/22
-24 -23 -22 -21 -20 -19 -18 -17 -16 -15 -14 -13 -12 -11 -10 -9 -8 -7 -6 -5 -4 -3 -2 -1日 月経   1   2

この表で言いますと
8月20日を次回の生理開始と考えた時、
 7/31、8/1、8/10、11が危険日となります。
8/2~9が最も危険な日と考えます。


 人間の体は必ずしも規則的ではないですし、実際に精子を避ける訳ではないので、
おおよその目安としか言えません。
精子が思いの他、生きている時間が長いというケースもありえます。


危険日ではない日(安全日というには語弊がある)だから
コンドームを着用せずに性行為を行うというのはあまりに安易だと思われます。
それと、「オギノ式によると今日は危険日ではない日。
プラス膣外射精をすれば避妊は完璧。」という意見を聞いたことがありますが
これも間違った考え方であると言えます。


 オギノ式は理論、考え方であり、道具を使うわけではないですし
避妊法ではありません。
オギノ式は避妊法というよりはむしろ、「女性の月経周期とはこういうものなんだ」という
基礎知識として 認識しておくのが良いでしょう。


オギノ式私も以前はオギノ式を避妊法と思っていました。
高校の授業でもオギノ式は避妊法として教科書に
載っていましたからね。
オギノ式という言葉、誤解されている事が多いですね。
前のページ     HOME    
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)不妊 ブログ ~妊娠しやすい体に・・・オギノ式 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]